Leinのゲーム ‐備忘録‐

いろんなゲームのこと、たまに普通の日記などを書いています。

「BIOHAZARD RE:2」のレビュー

 

どうもこんにちは。

本日は「バイオハザード Re:2」のレビューを書いていこうと思います。

続きからどうぞ~

 

f:id:Lein0515:20210418152101j:plain

 

 

最初に

私のバイオハザード歴は無印ちょこっと、2を触らず、3を少し、4をがっつり、0を一周。

そこからしばらくバイオを触らず、夫と出会って5を一緒に一周プレイ。

4のがっつり度は、難易度プロフェッショナルで「リヘナラドール」と「アイアンメイデン」をナイフで倒せるぐらいにはやり込んでいました。

そして今回、凄く久しぶりのバイオハザード。しかも2のリメイク。

2は前述したように触っていません。OPをちょっと見た記憶があるぐらいです。

なので2との比較はできませんが、私なりに本作のレビューを書いていこうと思います。

 

ゲーム内容

2のグラフィックを綺麗にしただけのリマスターではなく、2を元に1から作り直したリメイクの今作は、4や5のようなホラー要素が薄いものではなく、しっかりとホラーゲームしていました。

2の元のシステムに沿ってなのか、4や5のように蹴りは無いので、それで怖さが増しているのだと思います。

スタンダードでプレイして、途中弾が足りなくなる恐怖を味わったりもしましたが、意外となんとかなりました。

いろんなギミックや謎解きも用意されていますが、どれもやりごたえがあり、割と難易度も簡単な方なのでストレスをあまり感じません。

「昔ながらのバイオハザード」という印象でした。

 

これからプレイする方に向けた若干のアドバイス

・入手したアイテムは逐一調べる

・くまなく探索する

・戸締り大事

・何かあっても良いようにいつでも逃げ場は確保しておく

・逃げるのも手

・ナイフに耐久があり使い捨てで、4のようにナイフ縛りは厳しい(入手してから早速チャレンジしようとした人)

 

良い点

・取れなかったアイテム等はマップに表示される

拾い忘れ防止の親切設計です。

 

QTEや選択肢が無い

昔のバイオは大体どれもQTEがあり、それを無くしたのは良いことです。

そして時間制限ありの選択肢も無く、快適にプレイできました。

これだけでもストレスフリーで楽しめます。

 

悪い点

タイラントがしつこい

そこまで悪いとも思ってはないですが、落ち着いて探索がしたかった私からすればちょっとしつこすぎるなという印象でした。

プレイする前は、出会ってから凌げばしばらくは出ないか、出る場所が決まってるのかな~と思っていたのですが、何やら追ってくる。凌いでも、あちこち捜索している足音がする。

やっと安置かな、という所でもドアをお開けになられる。ヽ(^o^)丿「こんにちは」

まあ、慣れればそんな脅威でもないんですがね、もうちょっと自重して頂いて・・・。

 

・銃の仕様

今作は銃の仕様が若干変わっているものがあります。

構えてすぐはレティクルが開いていて、立ち止まった状態でしばらく構えているとレティクルが締まり威力が上がるらしいのですが、その締まる速度が遅い。

狭い所や何体も相手にしないといけない所では、この仕様は厄介です。

 

 

総評

レオン編とクレア編でわかれていて、私は最初それぞれ全く違う場所を探索するものだと思っていたのですが、ほとんど同じ場所を探索する仕様になっていて、少し残念に思いました。

まあ、あくまで2の元の通りのストーリーでしょうから仕方がないのかもしれませんが。

ボリュームも思ったより無く、昔の8000円の価値は無いと思いました。

今は半額程の値段に下がっており、この値段なら定価で購入してもお値段相応のボリュームだと思います。

グラフィックが綺麗なバイオハザードを体験したい方や昔のラジコン操作が苦手で2ができなかった方などは買って損は無いでしょう。

 

PVアクセスランキング にほんブログ村